毒舌の流儀

毒舌で色々ぶっ叩く

大傑作ラブコメドラマ『チェリまほ』と『逃げ恥』にある5つの共通点

f:id:ninjinmamatan:20201230004642j:plain


2021.5.21追記・逃げ恥カップルの星野源ちゃんと新垣結衣ちゃんご結婚おめでとう!!リアル平匡さんとみくりちゃんになったのね。

 

どうも!年取ってからは、こってこてのラブストーリーよりもラブコメの方が胃もたれしなくなったアラウンド50の心は女子・ドクガメコです

 

2020年12月24日のクリスマスイブ、テレビ東京系・木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称チェリまほ)がついに最終回を迎えました!
放送が終了して数日・・・モデルプレスの「2020年最もハマったドラマ」で第2位を獲得!!

mdpr.jp

1位は佐藤健君が天堂先生を演じた、乙女のM心をキュンキュン言わせた『恋は続くよどこまでも』でしたが、(やっぱり健は強いわ~天堂担になっちゃうもの)ゴールデンタイムの人気の火10のドラマに続いての、低予算深夜1時放送のチェリまほが2位に食い込んだのは快挙だし、チェリまほドラマがいかに良質なドラマだったかがわかるってものね。
 
チェリまほは、純度100%とスタッフや俳優陣が言っているように、BL(ボーイズラブの略らしいが、最初PL学園ものかと勘違いしてたババア)の漫画を原作にしていますがとにかくピュアピュアで、どの年代が見ても安心できる、心温まる、「魔法が使える」というちょっと不思議な要素もあるラブコメでした。

f:id:ninjinmamatan:20201230001201j:plain

同じBLもののドラマでは、大成功を収めた『おっさんズラブ』や、私が大好きな大河俳優二人が主演の『昨日何食べた』などがありましたが、チェリまほはどちらの作品ともちょっと違って、私の中では、これまた近年の大傑作ラブコメ!!『逃げるは恥だが役に立つ』(通称・逃げ恥)に近いラブコメだなと思いました
 
ムズムズいちゃキュン!という感じ。!!まさしくラブコメ

 

偶然のタイミングなんですが、逃げるは恥だが役に立つも、チェリまほが最終回を迎えた2週間後、ドラマの続編となる単発ドラマが1月2日にやることになってます!!私はこの日を4年間待ち続けていたので、とっても楽しみです!
 

f:id:ninjinmamatan:20201230004210j:plain

チェリまほと逃げ恥は似ている!と今言いましたが、この2つのドラマには5つの共通点があるのです。この平成の傑作ラブコメ「逃げ恥」と、令和のラブコメのニュースター「チェリまほ」の共通点5つをざっとまとめてみました。
 

1・『チェリまほ』『逃げ恥』は自己肯定感の低さが愛により肯定されていくドラマ

 
この2つのドラマって、「恋愛をこじらせ続けた童貞が、その低い自己肯定感をもってしても、素敵なパートナーが現れて、愛してくれたことで救われ・成長し・童貞を卒業して色んな意味で皮が剥けていく」・・・そんな共通点があるわけ。
「俺なんか人に愛されるわけない」と拗らせつつも、内心では「誰かに愛して欲しい・・・。」と思ってる、そんな赤楚衛二演じる安達(チェリまほ)と星野源演じる平匡さん(逃げ恥)が、パートナーに愛されて、肯定されていくうちに、自信を持っていく様子も、愛っていいなあ~尊いな~となるのよね。
 
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』での安達も、『逃げるは恥だが役に立つ』の平匡さんも、ちゃんと働いていて収入もあり、もさいけど容姿は悪くなくて、婚活市場だとかなり需要ありそうなんだけどね。お互いいい大人になるまで不遇な恋(片思い)ばかりで、女の子としっかり付き合ったことないから、恋愛に消極的なわけ。というか自分に自信が無いわけよ。
 
そんな中で、高スペックイケメンの黒沢(チェリまほ・俳優は町田啓太)、美人でそれなりに恋愛経験を積んできたみくり(逃げ恥・女優は新垣結衣)が、安達や平匡さんを(可愛い・・・)(好き・・・)(信用できる・・・)なんて思うんだから、もう設定だけで、超きゅんきゅんなラブコメよね!シンデレラストーリーっぽさもあるけど、もう本当、視聴者は応援するしかない!という気にさせられるのよね。
 

平匡さんの「いいなあ・・・愛される人は。愛される人はいいなあ・・・。」(『逃げるは恥だが役に立つ』第四話より)なんて、自己肯定感の低さに涙が出たわよね!

 

2・主人公達とは別のカップルも応援したくなる魅力を持つ

 
恋愛ドラマにおいてよくあるのが、主人公カップルの他にも友達や家族にカップルができるというパターンだ。そういったパターンの時、「友達カップルはどうでもいいから、なるべく主人公カップルの時間を多くしてくれ!」と思うことが多いんだけど、チェリまほと逃げ恥においては、この主人公カップルと同時進行する友達カップルすらも魅力的なのよ!!
 

昔月9でやってた「ラブ・レボリューション」なんて、江角マキコと藤木直人の主人公カップルとは別に極楽とんぼの山本と米倉涼子の恋愛フラグが経ったときにはズッコケたけどね。今となっては米倉涼子の黒歴史なんだろうけど。

 
チェリまほでは、主人公安達の親友・柘植(同じく童貞)が年下男子・湊を好きになり、主人公よりも先に童貞を卒業するというジェットコースターラブ!(笑)
この柘植も浅香航大さんという今売れ始めた旬の役者使ってて、イイ感じなのよね。

f:id:ninjinmamatan:20201230001049j:plain

また逃げ恥においては、恋愛をする歳じゃないと言っているゆりちゃん(around50)が、年下の男に思われて、子供が作れる年齢ではないと言う悩みもありつつも、幸せになっていく過程が見られる。ゆりちゃん演じる石田ゆり子と同年代のドクガメコは、もうキュンキュン度MAXだったわよ!

f:id:ninjinmamatan:20201230001120j:plain

3.世界基準で好かれる漫画原作ストーリーと漫画のイメージを崩さないキャスト陣

 
チェリまほは放送終了後、BLドラマ文化の根強い台湾を中心に、アジア中心に世界的な人気が続いています。キャストや公式のツイッターアカウントなんか、謎の外国語のツイートの多さにびっくりしたわ!逃げ恥も、放送終了後、ドラマや映像作品が強い韓国で大絶賛されてたもんだから、チェリまほ・逃げ恥共に2つのドラマは日本のみならず世界でウケるラブコメドラマだと言えるでしょう!!わかりやすく、キュンが詰まってるの。
 
チェリまほと逃げ恥くらい、海外ウケしたドラマって、花より男子くらいしか思いつかないわ。

花より男子2 (リターンズ) [DVD]

よく日本のドラマであるのが、複雑なストーリーになってて、海外の人から見たらあんまり面白くないかったり、キャストのビジュアルが日本では性格込みでかっこいいかわいいと言われているけど、海外の基準で見たらビジュアルが少し劣るため、なんだか海外勢からしたらビジュアルから興味がわかな~いと言うパターン。
 
チェリまほにおいては、原作の漫画に沿って、納得するようなビジュアルの俳優陣を持ってきている。そのため、のだめカンタービレのように、原作ファンの海外勢を取り込むことに成功したと言えるだろう。
 
また逃げ恥においては、もともと中国韓国などで、人気だった新垣結衣が主人公であった事も、日本だけでなく海外でこの二つのドラマがヒットした要因だと考えられるわ!
 
言葉はよくわからないけど、映像だけ見ても面白い・・・って、ラブコメではすごく受けるわよね!
 

4・主題歌が主人公達の思いとリンクする

 
逃げ恥は、ご存知星野源の「恋」が主題歌で、登場キャストたちが踊った恋ダンスは、視聴者だけでなく色々な人たちが真似をして、社会現象にもなりました。

f:id:ninjinmamatan:20201230001408j:plain

「恋」自体が、夫婦を越えていく・・・等の歌詞が盛り込まれていて、逃げ恥の物語をそのまま歌詞にしたようなリンクっぷりで、物語のラストで流れるその爽やかなメロディーとともに、非常に合っていた主題歌だったと思いました。
 
同じくチェリまほは、オープニングで「産声」
エンディング曲で「Good Love Your Love」


DEEP SQUAD "Good Love Your Love"ミュージックビデオ

 
2曲が主題歌とされていました。オープニングの産声は主人公の安達、エンディングGood Love Your Loveは相手役の黒沢の心境の曲と言われていて、エンディングでは、恋ダンスのようにぐらゆらダンスなるものがあり、町田啓太くんが踊ったものがSNSで流れていて、こちらもファンたちの間ではヒットしていました。
 
主題歌が事務所のタイアップなどで、あまりドラマに合わない主題歌を設定しているドラマなんかもあったりするので、結構主題歌が番組雰囲気に合ってるって重要だと思ったんですよね。その点では逃げ恥もチェリまほも、主題歌選びが上手だなと思いました。
 

どくがめ「リーガルハイ」の主題歌の「えれぴょん」とか、なんでこの曲?感がすごかったからね。

 
5・製作陣のSNSやYOUTUBEの使い方が冴えてる

 
逃げ恥を私が見始めたきっかけっていうのが実はYouTubeで、全然星野源なんか当時知らず、新垣結衣にも私は興味がなくて、普通に放送の第1話~見逃していたんですけれど、5話位になったときに、「5分でわかる今までの逃げ恥!」みたいな動画が、公式に作られていて、それをたまたま見ていたらあれこれ面白いかもと思ったんですよね。
 
そこから逃げ恥に見事にはまりましたわけですが、その後も定期的に「5分でわかる今までの逃げ恥!」みたいな、現在放送中までの回の内容が上手くまとめられている動画を公式がYOUTUBEにマメにあげてくれていたの。
 
全然興味がない人間にも、途中からでも今までの流れがわかるようにまとめてくれるドラマってのが、その当時まではなかったので、逃げ恥のスタッフたちの努力のかいあって、回が後半になるにつれ視聴率がグっとあがっていったのかなと思います。
 
チェリまほにおいても、Twitterで頻繁にメイキング中の写真・オフショットをあげてくれていたり、YouTubeでは未公開のデートシーンなどの動画を上げてくれたり・・・ここぞと言う場面で、視聴者の妄想を掻き立てる写真や動画をあげてくるので、わかってるだなぁと思いました!

f:id:ninjinmamatan:20201230001539j:plain

チェリまほの視聴満足度が5週連続1位だったのって、番組の内容が面白いだけではなくて、番組を盛り上げている制作陣のSNSの使い方だったり、放送するまでの盛り上げ方がうまいんだろうなぁと思いました。
 

『チェリまほ』も『逃げ恥』も私たちの心を癒してくれるドラマ

 
チェリまほと逃げ恥が、世界でウケる日本のラブコメドラマになった理由5つでした。
 
いろいろ語ってきましたが、結局このふたつのドラマって、自信なく卑屈になってるチェリまほ主人公の安達や、逃げ恥のプロの童貞こと平匡さんが、モテない・愛されない・でも愛したいってネガティブワード散々思ってるのに、黒沢やみくりと出会い、恋していく過程の中で、脱童貞だけでなく、精神的にも成長していく様が、なーんか殺伐とした社会で生きてる私たちに、癒しと希望を与えてくれるのよね。
 
チェリまほも逃げ恥もとても大好きなドラマなので、TSUTAYA限定スピンオフドラマ&続編正月単発ドラマだけでなく、また2つとも続編の第二弾連ドラを、半沢直樹のようにやって欲しいなと思っています!
とりあえず今週の逃げ恥、楽しみます!