毒舌の流儀

毒舌で色々ぶっ叩く

ドラマ「グランメゾン東京』感想をドラマ好きババアが好き勝手言うわよ!第一話ネタバレあり

どうも、毒舌ババアドクガメコよ!今回は私が大好きなキムタクこと木村拓哉の最新ドラマグランメゾン東京について、辛口で感想を好き勝手言っていくわよ!(今回は第一話を見ての感想になるわ)

 

 

『グランメゾン東京』第1話感想…とりあえずキムタクはキムタクだった!今度は天才シェフに!

木村拓哉のことは普段ドクガメコは木村君とか拓哉って呼んでいるんだけどって、ここではあえて一般に浸透してるキムタクと呼ばせてもらいます。
 
最初に感想を言うと、「安定のキムタクがキムタク役してるドラマだけど、スピード感あって面白い!」

まずグランメゾン東京、初っ端からキムタクが何者かに泥棒と呼ばれていて、キムタクは
「まじか…!」
「やべーっ!」と言いながら走る!早速ちょ待てよ状態。

↑「ちょっ待てよ!」とか言ってそう?
 
相変わらずのキムタクはキムタクで、最初から笑わせてもらいました。10代と思えない若者言葉を多用し、顔はおっさんなんだけど超イケメン、これが令和も安定のキムタクドラマよ!
 
無駄にフランスロケで、映画みたいな撮影方法だったのも、見てるこっちも「フランスの皆さんすいません…。」と、少し恥ずかしくなってきて、楽しさ倍増だったわ。

 
キムタクこと木村拓哉は、役柄としては2つ星レストランの天才シェフだったんだけど何者かの策略でアレルギー物質が大事な会食で混入されて、働いている主婦たちを疑ったおフランスの官僚を殴って、「日本の恥」となった今現在はフランスでフラフラしてて、女や金などのトラブルがつきまとう訳ありのスーパーニート
 

大人版キッザニアとはよく言ったもので、大統領やらピアニストやらパイロットやら、いろいろな職業を体験していた木村拓哉の新しい職業、それは!シェフ!!!
 
毎回、なぜかキムタクがやる職業は天才って設定がつきものなのよね!!!
 

グランメゾン東京が面白いのは、キムタクというより鈴木京香を準主役に持ってきた所!

まぁ、グランメゾン東京が面白いと思ったのは、ひとえに鈴木京香が準主役に来てるところが1番大きいよね。
鈴木京香と料理といえば、思い出すのは「熱烈中華飯店」よ!

熱烈的中華飯店 DVD-BOX

視聴率は悪かったけど、超名作よ!サウンドトラックとか、よく色んな食事系の番組で流れてるわよね。
 
そんな鈴木京香が、今回はミシュランに憧れるアラウンド50のこの道30年の女シェフ(独身)役。グランメゾン東京が面白いなって思ったところはキムタクが主役なんだけど物語自体は、鈴木京香が主人公といってもいいような物語になっているところなの。

グランメゾン東京の物語の軸は基本的に鈴木京香の目線で綴られていくのよね。

 
鈴木京香の仕事イッポンでやってきたアラフィフの独身女っていうのは、主人公としてはすごく共感もできるし応援したくなる設定よね。努力してきた鈴木京香が、天才シェフの木村拓哉の料理を食べて、料理人を諦めたくなっちゃうんだけど、キムタクが京香に「お前に星取らせてやるよ」みたいなこと言うわけ。
 
んで、一緒にレストランを開業することになるの(予定)!ヒューっ!
 
キムタクが、鈴木京香にとってのキーマンになる。あえてキムタクを主役なんだけど脇役っぽく見せることで、演技のキムタク感が薄れて、あれキムタクもちょっと演技頑張ってるじゃない?って思わせるテクニック。やるじゃないTBS!!!
 

グランメゾン東京の感想としてはお金のかかってそうで豪華!!

グランメゾン東京が面白いなぁ、すごいなぁと思ったのは、お金がかかってるのも大きいと思う!

TBSと木村拓哉と言えば、ドラマ「華麗なる一族」でも映画作れる波のお金かけててすごく豪華で高視聴率だったけど、「グランメゾン東京」もその時代を感じさせる、お金使ってる感のある豪華な作りで、見てると非日常感があって楽しいと思ったわ。
 

出てくるフランス料理も見た目が綺麗だしすごく美味しそうで、最初に出てきたウニの泡ぶくぶくの料理とか、花をちらしてあるピンクのもこみちチックなフランス料理とか、目に鮮やかで、今週のランチはフレンチかしら?と、ババアの財布の紐を緩めてくれる、そんな豪華さが、日頃不景気を感じてる今の日本には珍しいドラマよ!やっぱりドラマはこうでなくっちゃって思ったわ!
 

「グランメゾン東京」はこれからどうなる?

 
第一話で主要キャストっぽい、元料理人で相棒の沢村一樹、今はパンの料理教室開いてる及川光博、ホテルの料理人してる若者の玉森裕太(Kis-My-Ft2)、悪役ってかライバルっぽい 尾上菊之助と、登場してきたけど、この辺みんな魅力的で、演技もうまいから、キムタクも彼らの演技力に乗っかって、なぜか演技がうまいように感じるわ。
 
及川光博と玉森裕太(Kis-My-Ft2)も、『信長のシェフ』以来の共演かしら。

信長のシェフ 1(第1話、第2話) [レンタル落ち]

信長のシェフの頃は、玉森裕太くんの演技が棒すぎて苦笑だったけれど、今回は普通の若者っぽい役だからか、玉ちゃん、第一話見た感じ、よかったわ!
 
これからグランメゾン東京はどうなるのかしら最終的に目標のミシュラン(三ツ星)は取れるのか?
 
ちなみに「グランメゾン東京」って言うでは、鈴木京香が1話の最後で名付けたお店の名前!「東京に世界一のグランメゾンを!」だっけ。
 
富永愛が最後出てきたのも意味深だし、キムタクと富永愛の身長差どうするの?シークレットブーツは登場するのか?

Ai 愛なんて 大っ嫌い

そんなところも今後の「グランメゾン東京」に注目ね!